厳しい母子家庭の現実・自立の援助

厳しい母子家庭の現実

母子家庭(シングルマザー)の生活の現実は?
先の30代・40代のシングルマザーのアンケートでは
今の暮らしが「苦しいもしくはやや苦しい」と答えた人がぜんたいの65%を占
めており
「子供が居なかったらどうなっているかわからない。」と言う意見も多く
「自分の健康状態がよくない。」という答えも多いのです。

女性が安定収入を得るというのは、かなり大変です。
今の時代は、男性であっても家族を養うことは、大変なんです。
特に今まで仕事はパートぐらい!もしくはパートもした事もない!
という人には、「想像以上に過酷です」 かなりの意思の強さが必要です。

1人ですから精神的にも不安定な状態になりますし
「親兄弟の援助が無ければ生活保護になる人が多い」
ということを認識しなくてはダメです。

離婚後、後悔している人が多いというアンケートもあります。
離婚後の実際の生活について強い覚悟が必要です。

その覚悟が無ければ、離婚以外の方法を模索した方が良いです。


母子家庭の自立の援助

母子家庭になると一番気がかりなのは収入です。
母子家庭の平均年収は約200万円台の前半と書きましたが、こんな収入では

途方にくれてしまいますし不安です。

 

しかし、就職の紹介・資格の取得を援助してくれる公共団体などは多数あります。

 

ひとり親家庭自立促進事業

 

ひとり親tokyo
ひとり親Tokyo(財団法人東京都母子寡婦福祉協議会)は、都内の母子家庭の母及び寡婦等が自立精神の確立を図り、相互扶助と福祉の増進に努め、健全な家庭生活が営めることを目的として活動を展開しています。http://www.tobokyou.net/

 

財団法人 東京都母子寡婦福祉協議会では、ひとり親家庭及びその関係者に対し、就労支援(情報の収集・提供、援助、指導、雇用促進の啓発等)等を行い、ひとり親家庭の自立の促進を図っています。

 

その事業内容は?

 

仕事

ひとり親・寡婦の就業に関する相談から職業紹介まで一貫した支援を行っています。
東京都母子家庭等就業・自立支援センターでは、ハローワーク、マザーズ&レディースハローワーク、東京しごとセンター、区市町村、母子自立支援員、地区母子会、NPOの皆様と連携しながら、総合的な就業支援を行っています。

 

仕事を探したい

パソコン講習会を受講したい!
就職準備講座を受講したい!

利用しないと損です。

 

シングルマザーの仲間

子育てのこと、仕事のことetc. ひとり親の悩みなどをなんでも話し合い、励まし合える仲間はいないかな?
そんな方は・・・私たちのなかまになりませんか!みんなで力を合わせて明るい明日を作っていきましょう!! 地域の母子会の入会申し込みなど

 

相談

ひとり親家庭の就業に関する相談、援助、職業の紹介等を行っています。
安心して働くためには、子育てとの両立、自分自身の健康のことなど考えなければならないことが多々あります。

また、「他のひとり親の人たちはどうしているのか」参考になる情報もほしいところですね。
ひとりで悩まず、お気軽にお声をかけてください。一緒に考えていきましょう。

 

相談/受付は、03-5261-8687まで 午前9時〜午後4時30分)

 

と、いろいろあります。

勘違いしないでほしいのは、これは「自立の援助」です。
援助なんて、あなたの背中をちょっと押してくれるような物です。
最初から援助なんか期待しているようでは話になりません!